トップ > 部位別で選ぶ > VIO(ハイジニーナ)脱毛 > VIO(ハイジニーナ)脱毛で神奈川のサロンを選ぶポイント

VIO(ハイジニーナ)脱毛で神奈川のサロンを選ぶポイント

VIO脱毛とはデリケートゾーンを脱毛することで、VIOライン脱毛やハイジニーナ脱毛とも呼ばれています。 お手入れする部分をアルファベットのV・I・Oで表していて、Vライン(ビキニライン)、Iライン(股の間)、Oライン(ヒップ奥、肛門の周り)の無駄毛を処理します。 神奈川の脱毛サロンの中にはVIOライン脱毛のお得なセットプランを用意しているもところも多いです。

想像して分かると思いますが、VIO脱毛では敏感な部分の無駄毛を処理します。 VIO脱毛でサロンを選ぶときに抑えておきたいポイントがあります。
痛みが少ない脱毛方法
VIO以外の部位も脱毛するか
脱毛効果が高い
予約の取りやすい
といったポイントです。

痛みが少ない脱毛方法

VIOライン(ハイジニーナ)脱毛ではデリケートで痛みを感じやすい部分を施術するので、出来る限り痛みが少ない脱毛方法を提供しているサロンを選ぶことをおすすめします。
通常、多くの脱毛サロンで提供されている光脱毛は痛みが少ないといわれている毛方法です。 痛みの感じ方というのは個人差が大きいので、敏感なVIOラインを処理するときは光脱毛でも痛みを感じる方もいます。 脱毛時の痛みが少しでも気になる方や不安な方には、通常の光脱毛よりもさらに痛みが少ない脱毛を提供しているサロンを選ぶことをおすすめします。

VIO以外の部位も脱毛するか

VIO脱毛をするには3通りのプランが考えられます。1つ目はVIOのセットプラン、2つ目はVIOを含む全身脱毛、3つ目は個別の部位(V・I・O)の組み合わせです。
料金面で考えると1つ目のVIOのセットプランが一番安くなります。しかしVIO以外にもお手入れしたい部位があったとき、後からその部位を追加すると割高になります。もしお手入れしたい箇所がいくつかあるならVIOを含む全身脱毛をした方が安くなるケースが多いです。3つ目の個別部位の組み合わせが一番割高になるのであまりお勧めはしません。
最初はVIOだけ処理するつもりでも、脱毛してみたらとても快適で他の部分も追加したくなることがよくあります。他の部位の脱毛にも興味がある場合は最初から全身脱毛することを考慮に入れても良いと思います。

脱毛効果が高い

脱毛効果の高さも重要な要素です。もし効果が低い脱毛方法を行っていると、完了するまでに必要な回数が増えてしまいます。 例えば、効果の高いサロンならツルツルになるのに6回必要で、効果の低いサロンではツルツルになるのに12回も必要になるといいったケースもあります。 もし安い価格でVIO脱毛ができるサロンを選んだとしても、効果が低ければ完了までに必要な回数が増えるので結局は高くついてしまうことが考えられます。ですから料金の安さだけでなく、効果の高い脱毛方法を採用していることも大切です。

予約が取りやすい

光脱毛やレーザー脱毛では完了するまでに同じ部分を何度も施術する必要があります。なぜ何度も施術しなければいけないかというと、人の毛には毛周期という発毛のサイクルがあるからです。毛周期というのは成長初期、成長期、退行期、休止期を繰り返しています。
光脱毛やレーザー脱毛では黒い部分に反応する光を照射して毛根を変性させるのですが、これは成長初期と成長期の毛根にしか効果がありません。施術したときに成長初期と成長期だった毛根は脱毛することができますが、退行期や休止期だった毛根には効果がありません。時間が経過すると休止期だった毛根が成長初期へと移りますが、このときに次の施術を行うことでそれまで休止期だった毛根に対し効果を発揮します。そのため、効率的に脱毛するには毛周期が経過するタイミングで次の施術を行うことが大切です。毛周期には個人差がありますが、大体2~3ヶ月と言われています。2~3ヶ月毎に施術することで効率的に無駄毛を無くすことができます。
もし予約が取りにくいサロンだと、毛周期に合わせて効率的に通うことが難しくなります。そうなると完了までの期間が長くなったり、料金の総額が高くなることが考えられます。なるべく予約の取りやすいサロンを選びましょう。

VIO脱毛とはデリケートゾーンを脱毛することで、VIOライン脱毛やハイジニーナ脱毛とも呼ばれています。 お手入れする部分をアルファベットのV・I・Oで表してい