トップ > 地域別サロン情報 > 海老名市 > 海老名市の脱毛サロン店舗情報

海老名市の脱毛サロン店舗情報

ミュゼプラチナム(海老名市内に1店舗)

店舗 住所 営業時間 定休日
海老名ビナウォーク店 海老名市中央1丁目4-1 ビナウォーク5番館3F 10:00~21:00 なし

ディオーネ(海老名市内に1店舗)

店舗 住所 営業時間 定休日
海老名店 海老名市中央1-19-21 A-301 平日10:00~20:00、日祝10:00~18:00 月曜


脱毛の知識
最近ではニードル脱毛といった脱毛方法が減り、見かけることがすっかりなくなりました。 ニードル脱毛というものは、針をムダ毛の生えてくる毛穴に刺し電気をそこに通し、行っていく脱毛で様々な脱毛法の中でナンバーワンといってもいいほど痛みの耐え難いものです。 このニードル脱毛の値段の方ですが、サロンによりある程度の差はあるものの割と料金は高めとなっているようです。 脱毛の自己処理で一番問題になるのは色が定着することです。 永久脱毛を受けると、やっかいな色素沈着を緩和させる効果もあるのです。 それに、IPL脱毛を受ける効果として、お肌が再生するサイクルを正すことができるため、くすんだところが目立たなくなる効果があります。 昨今では、時期に関係なく、厚着をしないファッションの女性が増加傾向にあります。 世の女性の皆様は、ムダ毛をキレイにする脱毛方法に日々頭を悩ませていることでしょう。 ムダ毛の脱毛のやり方は多くありますが、もっとも簡単な方法は、やっぱり家での脱毛ですよね。 医療脱毛でVIO脱毛をするのもいいかもしれません。 これはひどく痛みを伴います。 ムダ毛が生えにくくなるというメリットがあります。 その点、レーザー脱毛は範囲を限定して脱毛できるので好きなだけ調整可能という点がメリットです。 どのくらいVラインのムダ毛を処理したいかは人それぞれでお好みがあるでしょうから、脱毛しすぎないように医療脱毛をしてみてはいかがでしょうか。 ムダ毛の処理を脱毛サロンで行った場合、中には、ほとんどの場合は患部を冷やすと症状は治まりますが、火傷のレベルが軽度ではなく中程度以上に思える時は施術を受けた脱毛サロンの人に火傷の症状がある皮膚を見てもらい、どうしたらいいか相談して、皮膚科を受診し、医師の指示に従ってください。 皮膚科医師の診断に従って、処方される薬を使用するなど適切な治療を受ける必要があります。 治療が必要となった場合の治療費については当然、あなたが利用した脱毛サロンが負担してくれます。 サロンで顔脱毛をしてもらうときは、知っておかなければならないことがあります。 それは、顔という小さな部分に対して施術してもらえる場所がどこなのかを詳細な説明を受けて理解することが大事です。 光脱毛は、黒い部分(メラニン)に反応する光を照射するため、目の周囲に施術することはできません。 眉を含む目の周囲全体が、施術の対象から外されています。 そのほか、ほくろ部分は凹凸に関係なく、またシミのある部分や、まだ治っていなくて腫れているニキビなども施術を受けることはできないでしょう。 施術後にメイクは可能か質問を受けることもありますが、刺激の強い成分が含まれたり、落とすのがたいへんなアイテムの使用は避け、メイクを落とすときの強いクレンジング剤の刺激で周辺の肌に影響することもありますので、メイクをするだけでなく落とすときのことも考慮した上で、ある程度のメイクに留めるようにしたほうが無難です。 メイクの有無によらず、こすったりするのは意外と刺激になりますので、水滴や汗などはタオルでそっと押さえるようにしましょう。 家で使える脱毛器具は色んな種類がありますから、どのような脱毛方法が自分に合っているか考えて脱毛器を選びましょう。 フェイスのうぶ毛やVラインなどのアンダーヘアを脱毛できる機器もあれば、お肌をきれいにする作用もあるものも売られています。 見た目や重さなど様々ですし充電式タイプから電池を使用するタイプなどもありますが、脱毛の際に時間を気にせず思い切りやりたい方はコンセントタイプの脱毛器がおすすめです。 脱毛器というのは価格差が大きいカテゴリーですが、ものすごい安さの脱毛器というのは、脱毛効果のほどは「お値段相応」であることが多いです。 脱毛器を買おうとしているのであれば、出費がムダにならないよう、価格に対して相応の満足感が得られる商品を購入したほうが良いでしょう。 価格的には高くても、不本意な性能の脱毛器にお金をかけるのはお金を支払うこと事体、意味がなくなってしまうので、充分な性能を選ぶほうが長く使えて、結果的に満足感が高いでしょう。